あそびごころ
  • 竹姫 ~ 源一坊オリジナル

    “竹”は、
    古来より大事に受け継がれてきた
    吉祥文様のひとつです。

    日本人にとって身近で、誰しもが好む“竹”は
    次世代へ受け継ぐべきものであり、
    地球に優しく、身体に優しい、心安らぐ自然素材です。

    その“竹”を活かす作品として、
    帯・着物には天然素材である正絹を経糸・緯糸に用い、
    文様もしくは生地に≪バンブー糸≫を織り込みました。

    帯には、経糸の糸染めに
    ≪竹酢液≫を加えて染め上げています。

  • ・独特のつやのある表情、適度な張り、ドレープ性を持っています。
    ・着崩れしにくい(麻・綿より優れた防しわ性が有り)。
    ・通気性に優れ、ムレ感がなくサラッとした着心地が味わえます。
    ・吸収性が高く、清涼感を与える繊維です。
    ・抗菌、防臭効果があります。

御髪

松竹梅のひとつである竹をモチーフに、
“女の命”である女性の御髪を図案化。
それに、竹素材を織り込んだ帯です。

帯のタイトルは、

かぐや姫が月に帰る前の夜に
月を眺めながら哀愁を漂わせる横顔。


裏は「かぐや姫」。
腹紋には、
「山の峰とおぼろ月夜が昇る情景」を描いています。

松竹梅の中で、
竹は「子供(松は父、梅は母)」を表しています。
古来より、着物や帯は
母から子へ伝えられるもの。
そのような想いも、柄に重ねました。

竹は「節目」を表現しており、
節目節目に結んだり、飾ったりしてほしい
という願いを込めてつくりました。

柄、色を淡彩にすることにより、
着る人が帯締めや帯留の“遊び”を活かし、
ご自身の世界感と物語りを
創作してもらえれば嬉しく思います。
TOPへ戻る
  • 【手先】
    宝船の 紋様。
    手先は自分自身の手に通じ、
    宝(福)が来るように…
    との願いが込められています。
    帆かけの文字は「獏(空想の動物)」が
    描かれており、
    悪夢を食べてくれる意味の他に、
    金物(武器など)を好むことから
    平和の象徴とも言われています。

熊手(扇)に宝尽くし

熊手で宝、「福をかき集める」紋様です。
自分に福を集めるだけではなく、
人を祝う紋様でもあります。

熊手の背景の大きな鈴は、
垂れている綱に繋がっており
「鈴を鳴らす」を意味します。

これは、神社で鈴を鳴らすのと同様に
神様(熊手に描いている七福神)に
知らせる音の意味。

熊手は扇にも見る事ができるため、
要の部分を出したり隠したりしながら、
格調を出したり、洒落さを出すなど、
しつらえに合わせたコーディネートが可能です。

熊手も竹で出来ているため、
節目節目の素敵な物語り(想い出)に
飾って頂ければ嬉しく思います。
TOPへ戻る

三猿

『 難が去る(猿)作品を作りたい 』をテーマにしました。

猿は、日光東照宮の神厩(神に仕える神馬の住居)に彫刻され“馬の守り神”とされています。
うまく(馬)行く事を守ってほしいとの願いを込めて、
神厩の彫刻の『三猿』を取り入れました。

一連の物語りに作り上げられた「三猿の教え」、
『日光東照宮の神厩の彫刻 』を帯地に創作。

献上取りには、陽明門の柱を描き(大黒柱をイメージ)、
地紋の“グリ紋(渦巻き文様)”は獣の顔を想像させ、
“魔除け”の意味。

また渦巻きを逆さに見ると、猿の顔に見えるので、
“去る (猿)”の反対、“来る”に見立てて、
瑞雲(運)と合わせて“運が来る”と表現しました。

物語の構図を“瓦取り”に整え、
一つ屋根の下の家族、仲間の一体感を表現しています。

生地は、ボカシ染めしたミツマタの和紙を細かく裁断。
織り上げる引箔織の技術を駆使しています。
線書きの絵にはない立体感と奥行きを表現し、
緯糸には絹糸以外に、自然繊維竹糸を織り込んでいます。
TOPへ戻る
  • 【手先】
    “剣”は、鍾馗(皇帝への恩返しに、病を治した鍾馗という人物の伝説、京都では瓦の上に置いている)を表現し、魔除けとしています。
    “雨粒”は、水は命の源であり、瓦と合わせて、悪いものを流す意味を重ねました。